探偵、興信所の違法調査のガイドラインは?これは大丈夫?



こんにちは!モリーです!

探偵の調査ってよくよく考えてみると、違法じゃないの?

取り扱う商品となるのが個人情報の場合もあるし、

そもそも、調査の方法がストーカーと変わらないんじゃ・・・

探偵に調査をお願いしたいけど、その辺りがよくわからない・・・

そんな方の為に詳しくご紹介します。

探偵の調査が違法か違法じゃないか?

まず、探偵という職業が違法なんじゃないかと疑問に思う方がいるようですから、ここでご説明しておきますね!

まず、探偵と言う職業事態は違法でもなんでもないです。

探偵業法という法律がきちんと制定されて、公安委員会で認可されているわけですから、

その職業事態に違法性はないです。

探偵は探偵業法によって

1.尾行
2.張り込み
3.聞き込み

の3点を持って調査することを許されています。

依頼者から依頼を受けて契約を交わし、上記3点を持って調査する。

これ自体は全く違法ではありません。

しかし、探偵も依頼者から契約を交わしていない場合は一般人と変わりありません。

契約も交わしていないのに、特定人を尾行、張り込み、聞き込みを行うとこれはプライバシーの侵害にあたり、刑事告訴の対象となってしまいます。

探偵の調査というのは、依頼者からきちんと契約という形をとることで初めて合法になると考えた方がいいかと思います。

したがって、自分の妻、夫の浮気が疑わしいからと友人などに尾行や張り込みを頼む人がいますが、これによって集めた証拠は違法行為に当たる場合が出てきてしまうので注意が必要です。

探偵の調査で違法に当たる行為

上記で探偵は

1.尾行
2.張り込み
3.聞き込み

でしか調査を行えないとご紹介しました。

いくら尾行が許されているからと言っても、当然権利を侵害するような行為は許容されません。

調査と称して

他人の家に勝手に入ってしまえば住居侵入罪になりますし、証拠になるかもしれないと調査対象者の郵便物を勝手に開封したり、持ち出したりすれば、信書開封罪や窃盗に当たりますし、電話の盗聴も通信の秘密という憲法に違反します。

調査対象者の尾行していて物を壊してしまうと器物破損になりますし、調査対象者の車や家にGPSや盗聴器をしかけるのも違法です。

 

この様な調査は法律に違反してしまい、違法行為となります。

探偵との相談でこういった行為の調査を提案してくる探偵は悪徳業者となり、違法な営業をしている探偵となりますので注意が必要です。

 

GPSや盗聴が良い場合

先ほど、盗聴などの行為は違法ですと申し上げましたが、

違法にならず盗聴が出来る場合があります。

それは・・・

自分の自宅に仕掛ける場合です。

自分がいない時にパートナーの電話を盗聴する時などに、自分の自宅に盗聴器を仕掛ける行為は法律に違反しません。

夫婦の浮気調査などで絶大な効果がある方法でもありますし、この証拠を提示すると言い逃れができないこともあり、かなりおススメです。

しかし、これを浮気相手の家に仕掛けてしまうと違法となってしまいます。

この辺りはかなり複雑なので注意してください。

さらにGPSなどについても同様に言えて、

夫婦の共有財産である車に仕掛けるのなら、全く違法にはなりませんが、浮気相手の車にGPSを仕掛けると違法になります。

調査内容によってその実態は異なってくるとは思いますが、自分の財産に仕掛けるには問題ありません。その辺りも含めて調査内容は確認してみてください!

差別調査は違法

浮気などの調査の他によく差別調査を依頼しようとする方がいます。

代表例が出身地域の調査・・・

出身地域の調査がなぜ差別なのかと思われるかたもいるかもしれません。

ですが、日本にはいまだに部落差別というものがあったりするんです。

江戸時代の身分階層に基づく差別(経済的・社会的・文化的に卑しいとされる)を受けていた人達が済んでいた地域を差別する風習が残っている地域があって、調査対象者がそこの出身ではないかと依頼する人が未だかなりいます。

こういった調査を依頼する中には個人ではなく企業もいるくらいです。

そういった差別の調査を探偵に依頼するのはご法度となっていますので注意してください!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です