探偵、興信所に依頼する際、料金を極限まで安くする準備!

こんにちは!モリーです!

妻、夫が浮気しているかもしれない!

探偵を雇いたいけど料金が・・・

そんな悩み抱えている人はけっこう多いと思います。

今回は高額な探偵の料金を少しでも抑えるコツをご紹介していきたいと思います。

探偵料金に決まりがない

関連記事
探偵に浮気調査を依頼する際に知っておくべき適正価格の真実!

ず押さえておきたいのは、探偵には法律で決められた料金というものがないということです。

つまり、料金は探偵社が自分で決めることが出来るんですね。

調査対象の移動距離や使用する機材など、探偵は不測の事態も起きやすいことから、法律で料金を決めるのが中々困難なんで、

料金に関しては探偵業法もノータッチなんです。

だから、言ってしまえば探偵の料金は探偵社の言い値になってしまうんですね。

その料金体系が不透明なことが、近年探偵に依頼したい人から不信感を買ってしまう一因になっていたため、最近では大手の探偵事務所はおおよその目安はホームページ等に記載するようになってきました。

そこで見えてきた浮気調査の調査費の目安・・・大体30万~40万という金額。

正直かなりの出費になるのは間違いないですよね。

でも探偵の言い値ってことは、出来る限り調査費を抑えることも出来るんではないか・・・

実はかなりできたりします。

その方法とは・・・

ピンポイント調査

ピンポイントで調査をお願いするということです。

探偵の調査というのは、一時間いくら×時間×日数+機材費や資料作成費などの経費という形になります。

この節約するには、一時間いくら×時間×日数の部分を出来る限り短くする必要がありますよね。

なのでこの部分をどう節約するかが探偵の調査費を抑えるかの極意になると言っても過言ではありません。

では、具体的にはどうするかと言うと・・・

日にちを決めてしまってその日だけ調査をしてもらうということがすごく重要になります。

何も考えずに探偵社に依頼しにいって、調査を依頼しても、パートナーの行動を探偵社自体が中々把握できず、調査が空振りに終わる日数がかさむ。

そうなると調査費用もかさみます。

そうならないためにパートナーの日ごろの行動をある程度把握していなければなりません。

日記をつける

そういう意味でこの日記をつけるというのはとても重要です。

日記といっても、

「今日は○○があった」

とかそういう日記ではありません。

パートナーの観察日記です。

夫の例で考えてみると、

夫が週の内、何曜日に残業が多くなったとか、残業が多くなった日のネクタイが派手になっている、色物のワイシャツを着ていくことが多くなったとか・・・

そういう傾向を細かくチェックして日記につけておくんです。

そうすると、大体何曜日、何日に浮気している可能性が高いとか、浮気をしていくときの服装とか帰りの時間で浮気している場所の距離などなんとなく把握できるようになっていきます。

あとは、その日記の内容を探偵にお話しして調査してもらえば、大幅な日数削減になり結果として調査費を抑えることにもつながります。

さらに誕生日や記念日などの予定を把握しておいたり、自分から予定をでっちあげて事前に自分が出かける日を伝えておくと、パートナーがその日に行動を起こすことが多くなるため、そういう日にピンポイントで調査を依頼すると調査費が抑えられておススメです。

事前調査が安くする鍵

調査費を抑えるにはなんといっても調査日数を減らすこと。

これが鉄則です。

それには事前調査が欠かせません。

相手の名前、住所、職業、年齢、家族構成、画像・・・

パートナーのスマホを見ることが出来て、名前だけでもしれれば、フェイスブックやツイッターなどのSNSをチェック。

それによって住所はともかく、職業、年齢、家族構成、画像までは当たりをつけることができます。

さらに浮気しているのが夫であれば、スーツのポケットや財布をチェックすることでレシートで何を買っているかを調べることができます。

そこで避妊具などを買っていればその日の浮気していた可能性が高いということですし、買った場所で浮気で会っている場所も大体把握できます。

さらにスマホ・携帯の利用料金・明細、クレジットカードの明細もチェックすることが重要です。

特に既婚者であれば、お小遣い制になる場合が多く、お小遣いでは浮気に使うお金に制限がかかります、そこでクレジットカードを使って浮気の費用を払う人が多い傾向にあります。

クレジットカードの明細はぜひチェックしてください。

スマホの明細に関しても同様で、ある一定の時期からいきなりスマホの料金が高くなったりすると、浮気開始に時期なども解ったりします。

その時期にパートナーに何があったのか・・・

例えば、同窓会に行った時期だなとか・・・

そうなると同窓会に参加していた人が浮気相手の可能性が高くなってきて、相手の特定が楽になったりします。

ネットの使用履歴をチェックホテルなどの予約、スマホも予測変換でチェックしてみる

これも非常に重要ですよ!

ネットでホテルを予約する際に、スマホではやりにくいので、自宅のパソコンで予約する方が多いです。

それは浮気相手と逢瀬のためのホテルであっても同じだったりします。

パートナーが使った後のパソコンの閲覧履歴をチェックすることでどこのホテルに泊まるつもりなのか、どこで会うつもりなのかも解ります。

もし、スマホも見れる環境で、

いつ、どこ

とか入れてみると次のワードが変換で出てきて、行動を筒抜けにできることもあるので、スマホチェックは環境にもよりますが、やってみてください。

パートナーの車にGPSとかボイスレコーダーを仕込む

最後はこちら・・・GPSとボイスレコーダーです。

既婚のパートナーが浮気をしている時、一番多く電話する場所・・・

実は車なんですよね。

車って密室で周囲に気を遣う必要もないですし、浮気時の移動手段にもなります。

そこにGPSやボイスレコーダーを仕込めば、電話の会話や移動先がすぐにわかる・・・

GPSやボイスレコーダーを用意するのが面倒だったら、自分のスマホにレコーダーアプリをインストールしてパートナーの車に置いて来れば、それだけOKだったりします。

レコーダー機能もスマホの容量によりますが、200時間とか録音かのうなので、丸一日放置して翌日回収すれば問題なく録音できているはずです。

自分で事前に調査したものを元に調査を探偵に依頼すれば、調査開始初日で証拠をゲットできる可能性も少なくないですし、

そうなれば調査費は相場よりもかなりの額抑えることが出来るはずです。

探偵に依頼する前の自分で出来る事前調査は、可能な限り行ってみてください。

あくまで可能な限りですからね。

お金がないアピール

もう一つ、探偵の調査費を抑える方法をご紹介しておきます。

それは値切ること・・・

お金がないアピールをしてみるという方法です。

案外これをしない人が多いんですよね。

探偵の費用は描く事務所が自分で設定できるということは、値切ることも可能だったりします。

あんまり値切りしぎて探偵からの不審な目で見られるほどの値切り交渉は微妙ですが、周囲の探偵事務所の見積もりを予めとっておいて、自分の目当てだった探偵事務所に見積もりを出してもらう。

その際に他社の見積もりも提示して値切り交渉するくらいは問題ないのではないかなと思います。

車や電化製品ではよくありますよね。

探偵に不審がられないギリギリのラインで他社の見積もりを提示しながらの値切り交渉。高額な調査費がかかる探偵だったら尚更費用は安く済ませたいところです。

浮気の調査ならその後の調停なども見こさないといけないですし、弁護士に依頼する場合だってあります。きれいごとでは片付かない場面も出てきますので、値切り交渉ができるのであれば、しておいた方がいいでしょう。

探偵を頼むなら

個人的に調査をお願いするなら大手の事務所が良いと思っています。

その理由は安心の実績と長年の信頼・・・

これは私立探偵を雇う上で欠かせない要素だと言えます。

個人的におススメなのが
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
原一探偵事務所公式


テレビ番組での調査でおなじみの探偵事務所です。
テレビ局が信頼しているだけあって、その実績と信頼はそうとうなものであり、この探偵事務所でダメなら他はダメなんではないか・・・

そこまで思えるくらい信頼できる探偵事務所だと思っています。

しかし、大手だけあって、少し調査費用が高め・・・

そんなときは

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


こういったサービスもあります。

全国の優良探偵社の中から、ピッタリの探偵社を
2分で無料診断できるサービスです。

探偵会社に個人情報が伝わることなく
匿名で相談が可能なため調査を依頼することに戸惑いがある方にとって

その方にあった探偵事務所を探してくれるサービスとなっています。

ぜひ活用してみてくださいね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です