探偵に依頼する際、浮気調査の期間の目安をご紹介!これ以上はNG?



こんにちは!モリーです

パートナーが浮気をしているような気がする・・・モヤモヤするから調査をして真実を知りたい!

または辞めさせるために、きちんと事実を認識して、次に進みたい・・・

パートナーがしらを切って浮気を否定するのできちんと証拠を押さえたい・・・

そんなときに頼りになるのが探偵ですが・・・

近年探偵の調査費は割高になってきています。

そこで調査期間はどれくらいが適正なのか・・・

ご紹介したいと思います。





調査期間はどのくらい?


探偵の費用は

基本的に

調査員一名の単価×人数×時間+車両やカメラなどの機材、宿泊費や証拠資料作成費などの経費

で決まります。

浮気調査では総額で相場30~40万前後かかってしまいます。

しかもそこまで調査費用をかけて証拠を掴むことができればいいですが・・・

40万かけても証拠がつかめない場合もあります。

調査費用について詳しく知りたい方は

探偵、興信所の料金の総額の相場は?解決までいくらかかる?

をどうぞ!

 

しかし、もう証拠を掴むために動き始めているし・・・

かなり費用がかかっているけど、このままでは終われない・・・

とそのまま調査を延長していく人がいるのですが・・・

 

正直言って、そういう調査はあまりよくありません。

 

なんと言っても、調査対象に調査している事を感づかれて、雲隠れしてしまっている可能性だってありえます。

そういう調査対象にいくら調査費用をかけて最新の機材を使ったとしても・・・証拠があがる可能性はかなり薄いと言っても過言ではありません。

 

探偵に調査するには、まず調査対象の行動のパターンを把握することに注視し、

毎週○曜日に毎回帰りが遅い

毎月第○日曜日に毎回出張が入っている

 

など、ある程度調査の日にちを決めておき、その前後を入れて一回2~3日。

決め打ちで2~3回の調査を頼むのが良いです。

こちらの記事も参考にしてください

探偵、興信所に依頼する際、料金を極限まで安くする準備!

 

 

例えば

毎週水曜日に帰りが遅いとすると、水曜日の夕方から翌日の朝を2~3回の様な感じで・・・

 

探偵に依頼して掴みたい証拠はあくまでも裁判に有利になるような証拠です。

身近な女性とちょっと食事に行ったくらいでは、裁判で浮気とは判断されません。

正直明らかに疑わしい関係だと思われる相手でも、ホテルから二人で出てくるみたいな決定的な写真でもない限り、

裁判で浮気を実証するのは難しいわけです。

 

出来る限り、探偵に依頼する前に疑わしい日にちを割り出し、その日を探偵に依頼。

後は運としか言いようがないです。

 

まずは一週間程度の調査依頼して様子を見るようにしてください。

怪しい日にちを一週間程度を調査を依頼して、証拠がとれなければ、まず一旦調査を打ち切って本当に浮気をしているのかどうか、もう一度自分で手がかりを探してみるのもいいかもしれません。

証拠が出なければ意味がないという気持ちもわかりますが、あくまで調査は身の丈に合った資金でやるべきです。

実際探偵業社の中には「ここで調査を辞めてしまっては、これまでの調査が無駄になってしまいます」と言葉巧みに調査の延長を打診してくる探偵事務所もあります。

さらに調査が打ち切りになった時点で、他社に調査を依頼された場合を想定して、調査対象者に調査をしていたことをリークしてしまう事務所もあります。

 

探偵事務所を選ぶにも、そのあたりをきちんと考えた上で選ぶことが重要になってきます。

 

個人的におススメなのは、大手の探偵社に依頼することです。

優良な探偵社というのは、相談して見積もりをしてみるまで正直わかりません!

でも、浮気の調査を早くしたいのに、悠長に一件一件見積もりを依頼していくなんて・・・

そんな方の為にこういったサービスもあります!

こちらがおススメです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


全国の優良探偵社の中から、ピッタリの探偵社を
2分で無料診断できるサービスです。

探偵を選ぶ際に迷ったらぜひ活用してみてくださいね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です