既婚者との食事は法的にあり?不貞行為はどこから認められるのか?



こんにちは!モリーです!

パートナーが異性と二人っきりで食事に行っていた・・・

仕事柄仕方がないということもあるかもしれないけど、それって浮気にはならないの?

浮気の線引きって難しいですよね・・・

では、どこからが法的に不貞行為と捉えられるかご説明します。

 

一般認識として浮気はどこから?



一般的にどこから浮気と認識されているか調べてみると・・・

女性にカレシにされたら許せないことについてアンケートを取ると

Q.どこからが浮気かを教えてください(複数回答)
1位 キスした 52.2%
2位 肉体関係 51.5%
3位 お泊まり 49.1%
4位 手をつないだ 41.4%
5位 ハグした 29.8%

となっています。

肉体関係よりもキスが上という気持ちを大事にする女性ならではの結果ですね。

反対に男性に同じ調査をしてみると

Q.どこからが浮気かを教えてください(複数回答)
1位 肉体関係 43.4%
2位 お泊まり 37.0%
3位 キスした 35.0%
4位 2人きりで遊びに行く 19.4%
5位 ハグした 19.1%

とやはり男性は肉体関係になるのが一番嫌なようですね・・・

男性は衝動・・・女性は気持ち・・・

調査の結果をみると男性と女性の浮気に関する考え方は前提が違う事が解りますね。

では、具体的な行動としてどう行動したら浮気と判断するか調査を見てみると・・・

女性は

1位が“遊びに誘う(行く)”、2位が“気持ちが動く“、3位が“キス”

男性は

1位が“キス”、2位が“遊びに誘う(行く)”、3位が“気持ちが動く”

という結果となる様です。

男性のキスに対して女性はそれ以前に遊びに誘うこと自体が浮気と考えている人が多い様です。

男女で認識が違うので喧嘩になるのは無理ないかも・・・

この結果を見るとそのように思えてしまいます。

既婚者の食事はあり?


一般的な観点から言えば、既婚者の食事は大勢でワイワイ騒ぐ飲み会的なものなら許容の範囲内な気がしますが・・・

一対一のサシでの食事はかなり問題がありそうですね。

上記の調査でも女性は遊びに誘った時点で浮気と判断しています

食事と言えどもこれも遊びの範疇に収まることが多いと思われますので、異性で既婚者がサシで食事というのは世間の認識的にかなり危ないラインだと認識されていることが解ります。

一般認識で言えば、既婚者の食事のあり、ナシはナシということになりますね。

では、法的にこの異性の既婚者の食事がどう捉えられているかというと・・・

なんと不貞行為とは捉えられていないんですね・・・

まぁ、こういうと語弊があるんですが・・・

例えば、妻が異性と一対一で食事に行っていることを知った夫が、妻やその相手に対して慰謝料を請求する裁判を起こしたとします。

その際に一般的な額の慰謝料を取るに値する不貞行為とこの異性の既婚者の一対一の食事が認定されるかと言えば、そうはならないでしょう。

やはり食事では法的な不貞行為と認定されるか・・・というとかなり怪しいと言わざるを得ません。

全く慰謝料を取れないわけではないので、法的に完全に”あり”かと言われれば微妙なラインです。裁判を起こしても少額の慰謝料はとれる可能性もありますので、完全に不貞行為と認められないのがまた難しいところですが・・・既婚者が異性と食事というのはガイドライン的には問題ありません。

そもそも仕事でどうしても食事をしなければならないケースもありますし・・・

そういうことを全部不貞行為ととらえていたら社会が成り立たないと法的には考えているようですね。

不貞行為はどこから認められるのか?


では、法的に不貞行為はどこから認められるのか・・・

それはやはり肉体関係が認められるというところになります。

妻、夫が怪しくなり・・・

慰謝料貰って離婚に向けていきたいと考えていたとして、慰謝料の対象になってくるのはやはり不貞行為・・・

その不貞行為は肉体関係の有無という判断になってきます。

例えばキスの画像を証拠として持っていたとしても、不貞の事実の認定には使えても慰謝料の額に影響するのはやはり肉体関係があるかどうか・・・

ということになります。

パートナーがキスの画像や異性と一対一で食事に行っている事実を突き止めて弁護士事務所に離婚案件で駆け込んでも、弁護士は証拠としては”薄い”という判断をするというのが現実で、

慰謝料をとりたいというくらいの不貞行為認定はやはり肉体関係があるかないか・・・

ということに基づいて判断されるのが現状です。

食事くらいでは法的には慰謝料とまではいかないと判断されてしま可能性が高いんですね。

しかし、食事に行く回数がどんどん増えて行けば、いずれは肉体関係まで行ってしまうかもしれない・・・

一法的に認定されなくても一般的には浮気と判断する方も多いわけですし、自重するように促した方が良いと思います。

関連記事

既婚者の妻と会社の先輩が食事に!浮気に発展するケースがヤバい?

上記の記事で紹介したようなことになる可能性も低くはないので、パートナーが異性と一対一で食事に行く機会が多いなら注意が必要ですよ!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です