超高性能メガネ型カメラのバレる心配と長時間の撮影は可能?


浮気などの調査で探偵や興信所に依頼することは多いと思いますが、自分でやってみたいと思う人や自宅での隠し撮りなどに使うカメラを探している方にご紹介したいのが

超高性能メガネ型のカメラです。

とにかく最近のメガネ型のカメラの性能が凄まじいですので、ぜひご紹介したいと思います。

超高性能メガネ型カメラバレる心配は?

従来メガネ型のカメラは隠し撮りに使うために作られてきました。

浮気調査や尾行など素人探偵グッズとしても人気がありましたが、どうしても作りに無理がありました・・・

それはカメラのレンズがどうしてもわかってしまうというコト・・・

今までもカメラの超小型のレンズが目立たないように工夫はされてきました。

センターに設置されていたり、サイドに設置されていたり・・・

でもどうしてもレンズの小さな穴をあける必要があり、その穴をカモフラージュにメーカーは四苦八苦してきたのですが、

なんとそんなレンズの穴が全くないメガネ型カメラを発見しました。

それが


『SPEye Insight』(エスピーアイ インサイト)

というカメラ!

正直このスペックを見てバレる心配は皆無なんではないかと思うんですよね。

バレるとしれば、普段全くメガネをかけていないのに、その日に限ってメガネをかけてきたりしたらメガネ自体が不自然なので、なんか違和感があるかもしれませんが、

正直メガネだけに限って言えば、バレる心配は皆無と言っていいのではないでしょうか?

 

唯一の欠点はバッテリー・・・長時間は・・・

この不可視モデルのメガネ型カメラですが、

カメラのレンズが絶対に見えないという超絶なスペックを誇っていますが、唯一の欠点はバッテリーというかメモリーです。

メモリーが充電式なのですが、正直1時間の連続撮影しかできません

これが唯一の欠点と言えるでしょうね。

浮気の相手との面談などに使うのであればいいのですが、正直連続撮影時間1時間は厳しいですね。

使える用途がかなり難しくなりますが・・・

自分で浮気調査している際、もしその現場に出くわしたら・・・

スマホなんて構えたら一発でバレますから、そういう時にこのメガネ型カメラを使用すると便利ですよね。

あくまでピンポイント撮影に使う様にしてください!

絶対に変なことに使ったりしないでくださいね。

電車の中とかで使うとその後の人生を棒に振りかねないので絶対にやめましょうね!

最新式は音声も拾える

上記で浮気相手との面談などで使うと便利と言いましたが、

最新式のメガネ型カメラは音声もちゃんと拾えます。

きちんと面談した相手の証言が顔とセットで音声も録れるので非常に有用です。

浮気相手が最初慰謝料を払うと言っていたのに、公正証書作成の段階で渋りだしてハンコを突かなかったら・・・

面談の時にこのメガネ型カメラで撮影していれば、十分証拠として有用になりますし、支払うという約束を反故したとみなされる抜群の証拠となります。

浮気相手と会う時はぜひともこのメガネ型カメラを持っていくと良いですね。

そんなに長時間の話し合いになることは稀ですし、

自分のパートナーともう会わない・・・会った場合は罰金

という取り決めをする際にも撮影しておくと後々ゴネ出したときに非常に便利ですよ!

普段は使う機会がないカメラですが・・・

このサイトを利用するユーザーさんには非常に便利なアイテムだと思います。

連続撮影以外は非常に有能!

連続撮影が10時間超えるとなれば、自宅の隠し撮りで自宅でのパートナーの浮気調査にも使えるんですが・・・

そればかりは今後の技術の進歩に期待しましょう!

これから必要になりそうな方は、持っておいて損はないと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です