元気のない夫に食べさせるべき滋養強壮に効く精力のつく食材とは!

日常の夫婦関係は良好であっても、夜の夫婦生活が上手くいってないことで悩まれているカップルも多いのではないでしょうか。

また、今まではそんな事なかったのに、最近になって急に夫の元気が無くなってしまって…という方もいらっしゃるかもしれません。

 

もちろん仕事の疲れや、気候の変化などからくる体調の変化が関係していることも考えられますが、

日々の食事を見直すことで、夫の体調が好転する可能性もあるのです。

 

そこで、今回は最近元気のない夫に食べてもらいたい食べ物と、

妊活に励んでいるカップルの男性側に取り入れてもらいたい食べ物をご紹介していきたいと思います。

 

男性に効く即効性のある精のつく食べ物

 

精のつく食べ物と聞くと、パッと思いつくのは「ウナギ」だったり「すっぽん」だったり「マムシ」だったりするのではないでしょうか?

ですが、これらの食べ物は少し高級であったり手に入りにくいこともあり、なかなか日々の食事の中に頻繁に取り入れるのは難しいことと思います。

 

では、手軽に取り入れられる食べ物の中で「精のつく食べ物」とは、どのようなものがあるのでしょうか。

ご紹介していきたいと思います。

 

<ネバネバ系の食べ物>

・オクラ
・納豆
・山芋

まず最初に取り入れていただきたいのが納豆などが代表する「ネバネバ系」の食べ物です。

ネバネバ系の食べ物には「ムチン」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。

ムチンは納豆、オクラ、モロヘイヤ、つるむらさき、里芋、山芋、なめこなどに含まれるヌルヌル成分で、多糖類のガラクタンやマンナンなどが、タンパク質と結合したものです。
http://www.kenko-seikatsu.org/another/mucin.htmより引用

この「ムチン」には、老化を抑えて細胞を活性化させる作用があり、老化防止や疲労回復に効果があるとされています。

細胞が活性化することにより、免疫力が高くなったり、スタミナが強くなったり、精力アップする効果もあるとされています。

 

また、これらのネバネバ系の食べ物は、体内に吸収されやすいという特徴がありますので、効果に即効性があります。

ですから「今日は勝負!」という日にも、ぜひ取り入れていただきたい食べ物となります。

 

オクラ

オクラには、新陳代謝や細胞の増殖機能を促進させてくれる効果があり、勃起不全の改善が期待できます。

納豆

納豆には、ナットウキナーゼと呼ばれる酵素が含まれており、血液をサラサラにしてくれる効果があり、動脈硬化を防いだり、精力減退を予防する効果が期待できます。

山芋

山芋には、DHEAが多く含まれており、男性ホルモンの分泌に効果があり、特に男性の精力アップに期待できます。

 

 

これらのネバネバ系の食べ物は、軽く茹でたり切ったり和えたりするだけで、単品だけでも美味しく食べる事ができるので、

毎日の食事に手軽に取り入れることが出来ますね。

 

 

<アボカド>

アボカドは、糸を引くネバネバ系ではありませんが、ねっとりとした食感で、分類としてはネバネバ系の食べ物となります。

アボカドは、ビタミンEが豊富に含まれており、男性ホルモンの分泌を促し、生殖機能の改善や精力増量の効果が期待できます。

 

ビタミンE以外にも、ビタミンAやB1など10種類以上のビタミンと、カルシウムや鉄など10種類以上のミネラルが含まれており、

1つで、とても豊富な栄養素が取れるので「精力の果物」とも呼ばれています。

 

食べ方としては、生のままを切ってサラダに加えても食べられますし、炒め物やグラタンに入れるなどして加熱して食べても美味しく食べる事が出来ます。

 

<香りの強い食べ物>

次にご紹介したいのが、少々癖があり好き嫌いが分かれることもある香りの強い食べ物です。

・ニンニク
・生姜
・ニラ
・ネギ

ニンニク

ニンニクには、「スコルジン」という成分が含まれており、勃起機能を高める効果が期待できます。

また、ニンニクに含まれている亜鉛という成分は、不足すると、性欲が落ちたり・精子の生産量が減ったり・精子が発育しなくなってしまったりしてしまうと言われていますので、精力を維持するには欠かせない栄養素と言えます。

ニンニクの効果は、即効性が期待できますので、どうしても夫婦生活をしなくてはいけない日などには、

臭いの面では多少問題があるかもしれませんが、精力の面では効果的と言えるでしょう。

生姜

生姜には、ジンゲロールという成分が含まれており、血行をよくして体を温め、血の流れを活性化させることで精力改善の効果が期待できます。

体温を上げることで免疫力をアップさせ、興奮力を上げるので性欲がアップする効果も期待できます。

 

ニラ

ニラには、「セレン」という成分が多く含まれており、「セレン」は元気な精子が作られる時に必要な成分になります。

また、アリシンという成分も含まれており、強い殺菌効果がありウイルスや細菌から体を守る効果があり、疲労回復・精力アップが期待できます。

ネギ

ネギはこの中では比較的癖が少なく、用途も豊富なので色々な食事に入れる方が多いかと思います。

ネギには、多くのビタミンとミネラルが含まれており、一つの食材だけでもバランス良く栄養を摂取する事が出来ます。

バランスよく栄養を摂取することで、免疫力をアップしたり、ホルモンバランスを整えたりする効果が期待出来ます。

また、ネギ特有の辛み成分には、性欲を刺激する効果が期待できます。

 

 

これらの食べ物は、少々癖があり、よっぽど好きでない限りは単品で摂取することはあまりないかと思います。

ですが、野菜をはじめ、肉や魚とも相性が良いので、

これらの食材の為に新しい料理に挑戦しなくても、いつもの料理にちょっと刻んで加えたりするだけでも、簡単に取り入れる事が出来ます。

いつもの料理の風味の変化を楽しむことも出来ますし、もちろん精力アップも期待することが出来ます。

 

 

精のつく食べ物で妊活も乗り切る


夜の夫婦生活の悩みというのは、「妊活中」の方にとっては、

より一層、深刻な問題となってしまうのではないでしょうか。

 

赤ちゃんができやすい・できにくいというのは、夫婦二人のタイミングや体調、環境によっても変化していくとは思いますが、

食事の改善でも、赤ちゃんができやすくなる効果が期待できるとしたら、食事は毎日のことですから試してみる価値はあるでしょう。

 

そこで、ここからは、妊活中の夫に取り入れていただきたい食べ物についてご紹介していきたいと思います。

<亜鉛を多く含む食べ物>

・納豆
・牡蠣
・しじみ
・牛肉

亜鉛は、男性の生殖機能や男性器機能を上げる効果があり、精子の生成を促します

別名「セックスミネラル」とも呼ばれるほどですので、元気のない夫には持って来いの栄養素と言えます。

牡蠣

牡蠣は「海のミルク」と言われるように、カルシウムやマグネシウムも豊富に含まれており、精神安定効果がありストレス緩和が期待できます。

最近の社会は「ストレス社会」と言われており、ストレスが原因で精力が無くなってしまったり、若くても勃起不全になってしまったりすることもあるようです。

 

しじみ

しじみには、オルニチンという成分も含まれており、食欲が増したり疲労が回復する効果が期待出来ます。

しじみのみそ汁と聞くと、二日酔いの朝に飲むというイメージがありますが、

飲んでいなくても、仕事やプライベートで忙しく、夫が「今日は疲れているな」と感じた時にも、

しじみのみそ汁を飲むことで元気になる効果が期待できますので、取り入れてみるといいでしょう。

 

牛肉

牛肉には亜鉛が多く含まれますが、肉全般を摂取することで体力を向上させる効果が期待できます。

体力が上がっていくことで精力アップにも繋がっていきますが、肉の勢力アップには即効性がありません。

日々少しずつ取り入れることで、体力がついていくというイメージになります。

 

<アルギニンを多く含む食べ物>

・鶏肉
・大豆
・ゴマ
・アボカド

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促し、細胞増殖を促進しますので、勃起力を強化して精子の運動性を高めてくれる効果が期待できます。

また、感度を高める効果も期待できますので、女性が摂取するのもおススメです。

大豆

大豆には、発酵させて作った「納豆」や「味噌」「豆腐」などがありますから、

ご自身の好みに合わせて食材を選んで、毎日少しずつでも摂取できると良いですね。

 

ゴマ

ゴマには、セサミンという成分が多く含まれており、抗酸化作用があるので若々しくいられたり、疲労が回復する効果が期待できます。

また、血行を良くする鉄分や亜鉛、血液をサラサラにするリノール酸やオレイン酸も含まれていますので、一粒一粒は小さいですがとても優秀な食材と言えます。

ですから、精力アップ以外であっても、日々の生活をより生き生きと過ごしたい方にもお勧めしたい食材です。

 

<ビタミンB群を多く含む食材>

・豚肉
・うなぎ
・納豆
・玄米

ビタミンB群は、疲労を回復しますので精力アップに効果が期待できます

うなぎ

夏の疲労回復と言えば、「土用の丑の日」にうなぎを食べて精をつけるといったイメージがありますが、

うなぎには、ビタミンB群以外にも豊富に栄養素が含まれていることから、そう言われるようになったのではないかと思います。

豊富な栄養素なかでも、うなぎに含まれるビタミンEはホルモンバランスを整えますので、生殖機能を高める効果が期待できます。

 

そうは言ってもうなぎを毎日摂取するのは、なかなか難しいですよね。

そこで、おススメしたいのが玄米です。

玄米も豊富な栄養素が摂取できる代表格ですので、妊活中は、毎日のご飯を玄米にしてみるのもおススメできる方法の一つです。

 

<葉酸を多く含む食べ物>

・ほうれん草
・小松菜
・ブロッコリー
・豆類

葉酸と言えば、妊活中や妊娠中の女性にとっては摂取した方がいいという事が有名な栄養素ですが、

妊活中の男性にとっても重要な栄養素と言えるのです。

それは、男性が葉酸をよく摂取することで、染色体異常の精子が少なくなると言われているからです。

 

ですが、葉酸は熱に弱く水に溶けやすいという性質をもっていますので、

葉酸を必要分毎日食べ物から摂取するのは、食材の量もかなり多くなってしまいますし、困難と言えるでしょう。

そこで、ある程度の量は料理から摂取して、後はサプリメントを併用して摂取するというのが、効率的な方法ではないかと思います。

 

葉酸は、青々とした青菜や、大豆製品から多く摂取できますので、食べ物の種類としては豊富にあります。

食事の中で、一品でも良いので、葉酸が多く含まれる食材を意識して取り入れてみるようにすると良いでしょう。

 

 

その他にも、最初の方でご紹介した 「ネバネバ系の食材」に含まれる「ムチン」には、

精子をつくる為に必要な、アミノ酸やたんぱく質の吸収を高めてくれる効果があります。

ですから、妊活中の男性にもピッタリな食材といえますので、妊活中の食事にも是非取り入れてみて下さいね。

 

合わせて読んでほしい記事

最近元気のない夫の為に精力のつく食材と食事をご紹介!

サプリメントでおススメなのは!


活力系のサプリメントは最近人気です。

最近「モンスター」や「レッドブル」といったエナジードリンクが非常に多く販売されています。

それに伴いサプリメント業界も力をいれはじめているのかもしれません!

夫を元気付ける食材を紹介してきましたが、

正直言ってこれを毎日欠かさず食べさせるとなると・・・

かなり面倒ですし、調理法にも限界がありますよね・・・

でも、毎日見送る夫の背中がいつも疲れていて足取りも重そう・・・

夫の為に毎日滋養強壮の料理を出してあげたいけど、さすがに毎日は・・・

でも、最近疲れからか「夫婦の会話」も無くなってきているし、

夫が毎日辛そう・・・

そんな時サプリメントがおススメですよ!

そこでおススメなのが

マカ&クラチャイダム12000

というサプリメントです。

モンドセレクションで2年連続銀賞をとり、コストパフォーマンスが極めて高いとされているサプリメントですね。

今なら初回990円で試すことが出来るのでぜひ試してみてください!

マカ&クラチャイダム12000を試してみる

気にあるようでしたらチェックしてみてください!

 

いかがでしたか。

男性の元気のなさは、日々の仕事でのストレスや睡眠時間なども深く関係してくるとは思います。

ですが、日々の食事というのもないがしろに出来ない部分ではあるのは事実です。

やはり、インスタント食品や加工食品、コンビニのお惣菜というような物ばかり食べていると、

添加物が多く含まれていていますので、身体にはあまり良いとは言えません。

身体も、自然とそれが身体に良くない物だとわかっていますので、添加物が多く含まれるものばかりを食べていると、

病気になりやすくなったり、精力も落ちていってしまう原因にもなるのです。

 

だからと言って、忙しい日々のなかで全ての食事を一から手作りするのは、なかなか難しいことと思います。

ですから、毎日ではなくても、夫が元気がないな…と感じた時や妊活中の時だけでも構わないと思います。

簡単な調理方法でも良いので、出来るだけ加工されていない食べ物や、これまでにご紹介してきた食べ物を選んで、

食事をしてみるのもいいのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です