浮気調査を探偵に一日だけ依頼する場合の料金と見逃せない4つの注意点!

配偶者の浮気・・・

探偵に調査を依頼したいけど、料金が高いから一日だけの調査をお願いしたい!

そんな方に

探偵に一日浮気調査した際にかかる費用の相場

探偵に一日だけ調査を依頼する際に\取得できる証拠

探偵に一日だけ調査を依頼する際の注意点

についてお話しています。

もし、料金の安くて信頼できる探偵を探しているのであれば
完全成功報酬で後払いの探偵はココ!低価格とシステムで人気の事務所!!

を見てみてください!

一日だけ調査するという時の前提条件

探偵に一日だけ調査してほしい・・・

その場合はある程度前提条件が必要です。それは

浮気相手が誰なのかわかっていて、住所や詳細な情報がある程度わかっていること

浮気する日がわかっていること

上記の2点がある程度わかっているということが前提になってきます。

浮気相手がわかっていて、浮気する日もわかっている。後は不貞行為の証拠を押さえるだけという状況であれば一日で調査が終了することも十分ありえるでしょう。

ところが、浮気相手の詳細な情報もなにもない状況で浮気の調査を開始した場合、まず調査対象者がどんな人物と接触し、どんなところに立ち寄り、浮気相手がどんな人物なのかの割り出しから始まります。

その状態から一日の調査で不貞の証拠を押さえるという所まで行くのはプロでもなかなか難しいと言わざるを得ないでしょう。

一日だけ調査することの注意点

探偵に浮気調査を依頼するという事は不貞の証拠確実に手に入れたい場合になります。

不貞の証拠とは、浮気相手と肉体関係があるとわかるもの
(出来れば2~3回あった方が好ましい)
のことです。

ホテルに入る写真やある程度ホテルなどの宿泊施設に滞在したと示すものを言います。

これを取得するために動くのが探偵ということになるわけですね!

注意点1すでに一回は不貞の証拠を所持している

上記でもお話したように、不貞の証拠は肉体関係が複数回あるとわかるものでないといけません。

ですが一日の調査で手に入る不貞の証拠は1回。

中々のつわもので別々の人相手に2回でしょう。

複数回の不貞の証拠がないと日本の法律では不貞と認められませんから、一回の調査で不貞の証拠を完璧にするにはすでに一回以上の不貞の証拠を持っていることが前提になります。

注意点2空振りも十分にありえる

一回だけの調査だと空振りも十分にあり得ます。

旦那の浮気調査を探偵に依頼したけれど、旦那は一日パチンコして自宅に帰宅した。

探偵あるあるです。

さらにダブル不倫であった場合は、相手の方にも都合がありますし、ドタキャンになることも少なくありません。

あなたが何も情報を浮気相手の情報を持っていなかった場合、相手の特定や住所などの特定すらできずに一日の調査が終了してしまう可能性すらありえます。

注意点3浮気相手が1人だとは限らない

浮気を特定の人としているとは限りません。最近はネットを通して気軽に異性と出会うことができます。

それを使って不特定多数と行為を繰り返している可能性もありますし、

本命や他に遊び友達が複数いる場合もあります。

その場合、一日の調査ですべての浮気相手をあぶりだすことは非常に難しいと言わざるを得ないでしょう・・・

注意点4相手の詳細情報は手に入らない可能性が高い

一日だけの調査の場合、調査の目的は不貞の証拠を押さえることに特化してきます。

ホテルに入る所を抑える

自宅、または相手宅に数時間滞在したという証拠を押さえる

が主なミッションになってきます。

なので、相手がどこに住んでいて(密会場所が相手の自宅であれば住所は取得可能)、どこの会社に勤めてい等の詳細な情報は手に入らない可能性が高いです。

相手の住所がわからないと内容証明も送ることが出来ないですし、裁判にしたい場合、裁判を起こすこともできません。

不貞の証拠を取った後で、浮気相手の詳細な情報も取得しておかなければならないということも忘れないようにしてください!

浮気調査を探偵に依頼する場合の一日あたりの料金

探偵に浮気調査を依頼するにあたり、まず把握しておかなければいけないのが、調査の適正人数です。

よく勘違いされている方が多いんですが、探偵が浮気調査をする際は一人で行動することはまずありません

調査対象者がどこに行き、どんな行動をするかわからないからです。

旦那さんの浮気の場合、男性しか入れない様な場所に入っていった場合、女性の調査員一人で調査しているとその時点で失敗してしまいます。

男性しか入れない場所に女性の身で入っていったら思いっきり怪しいですよね。

ですから、浮気調査の際は大体2~3人での調査員が行動することが普通なのです。

適正な人数は調査の内容によってより様々ですが、探偵の業界では、大体3名以上の人数での調査の結果は3名の時とそれほど変わらないと言われています。

探偵調査員4名になってくると、通常の調査では、3名との違いが出にくくなります。
もちろん、現場によっては、4名体制にしないと難しい場合もありますが。


また、さらに人数を増やして、10人体制にするとどうでしょうか?
この場合は、ほとんどの現場で、調査員が過剰になるはずですし、これ以上人数を増やすと、現場が混乱する等で調査力は落ちていくでしょう。


もちろん、ある程度の人数までは、調査員の増加は、逓減しながらも、成功率の増加に寄与し、一定以上の人数になってからは、緩やかに減少すると予測されます。
http://www.akai-top.com/trick.htmより

つまり、浮気調査の場合、連携がスムーズにとれて失敗しにくい必要人数が3名ということになりますね。

一人ではまず調査は無理、二人でも出来ないことはないが成功率は3名より劣る。4名以上になってくると、現場が混乱する可能性もあり調査の連携がスムーズではなくなり調査の成功率も3名とそれほど変わらないのです。

一時間当たりの一人いくらかかるのか?

探偵の一人当たりの一時間の相場は大体10000円前後だと言われています。

これは探偵のホームページ等などに記載されている価格が大体このくらいだからそう言われているのであって、実際にもっと安い金額を設定している探偵事務所ももちろんあります。

ですが、探偵という職業の特殊性や専門性を鑑みるとどうしてもこの位の金額を請求している探偵社が多いです。

一人当たり一万円前後ということは二人で2万円、3人で3万円というのが探偵の一時間当たりの調査の相場ということになってきます。

さらに探偵社によっては、これに機材費や報告書作成費用なども追加で請求してくることもあります。

最適と言われている3人で3時間調査して特殊機材での撮影や報告書も依頼すると10万円超えてくる計算になってきてしまうですね。

業界最安と言われる探偵事務所

あなたが探偵を雇いたいのに、お金がないというのであれば、

業界最安値を唄っている「ハル探偵事務所」がおススメですよ!

完全成功報酬で後払いなので、調査が探偵側の過失で失敗した場合には報酬が発生しないというシステムです。

詳しくはこちらで
完全成功報酬で後払いの探偵はココ!低価格とシステムで人気の事務所!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です