探偵に浮気調査を依頼した際の支払い方法とは?分割はOK?

探偵に依頼しようと決めた時に、一番気になるのはお金のことではないでしょうか…?

大体の費用については、探偵のホームページに出ている金額を見て計算したり、電話相談の時に聞くと教えてもらえるので知ることが出来ます。

やはり「探偵に依頼する」のは、それなりの金額がかかってきますよね。

 

ここで次に気になってくるのは、費用の支払い方法ではないでしょうか?

一度に全額現金で支払わなくてはいけないのか…?

それともカード払いが出来るのか…?

探偵事務所によっても異なりますが、大抵の場合いくつかの支払い方法が出来るようになっています。

どのような支払い方法があるのかを事前に知っておくことで、

いざ支払いの話になった時にも慌てずに、探偵事務所とやり取りが出来るのではないでしょうか。

そこで、今回は探偵の料金の支払い方法について、どのような方法があるのかについてご紹介していきます。

 

探偵の料金制度

 

支払い方法の前に、探偵の料金制度について少しご紹介していきます。

大きく分けて二通りの料金制度があります。

 

<成功報酬制度>

まず初めに、「着手金」を支払って調査が開始します。

その後調査が完了したら、「成功報酬」を支払うという料金制度です。

この場合、「調査が成功した」時に成功報酬を支払うのですが、どこまでを「成功」とするのかは、キチンと探偵側に確認しておきましょう。

ご自身が考えている「成功」と違った形であったとしても、それが契約書に記載されていたら「成功」となってしまうことがありますので、チキンと確認しておいた方が良いでしょう。

例えば

よくあるパターンですが、依頼者は調査の結果「浮気している事実が判明する」ことをイメージし成功と考えがち。でも調査結果として「浮気していないという事実が判明」したとしても、探偵社にとっては当然、成功とみなします

「よかったですね!旦那さん浮気してないようですよ。この調査結果をもって、浮気調査は無事、終了となります。」といわれても「そんなはずはないです。夫は絶対浮気しています。あなた方が浮気現場を押さえられなかっただけでしょう。この浮気調査は失敗じゃないでしょうか!」といった具合です。依頼者にとって、本来喜ぶべき調査結果のはずなのに、なぜかモメることになる典型例といえます。
引用元:http://tori-tan.com/cost03

の様に、あなたが望む結果を探偵事務所側が成功と判断するかは非常にあいまいなんです。

結果は出た・・・だから成功という探偵事務所

浮気の証拠を取ってほしかったのに取れなかったから調査は失敗だと主張するあなた・・・

この図式になってしまい、探偵事務所と揉めるケースが近年大変頻発しています。

独立行政法人国民センターも
素行調査などを行う探偵業や興信所に関する相談が寄せられています。「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や、「高額な解約料を請求された」など料金をめぐるトラブルがあります。

と探偵業社の金銭トラブルの相談があることを認めていて、特に成功報酬を歌う探偵事務所は注意が必要なんです。

また、「着手金」についても調査が失敗したら返金するのかそうでないのかも、念の為、契約書にどのように記載されているかを確認しておきましょう。

 

<時間料金制>

調査時間によっていくらと設定されている制度です。

「○○時間(日)で○○円」などとパック料金になっているものもあります。

この場合も、最初に何時間(何日)か分の料金を先に支払ってから調査が開始されます。

そして、調査終了後に足りなかった分の料金を支払うというところが多いようです。

勘違いしてしまうと怖いのが・・・パックになってるからお得だと思うのは間違いだということ!

大体が最初は4時間○○円で・・なんて感じで引き受けて、その4時間を過ぎるとドンドン課金していくシステムとなっていて、結局は高額な費用になってしまうこともザラです。

探偵の費用は元々がかなり高額なので、金額をいかに安く見せるかが広告のポイントになっています。安いと思った探偵事務所が、後になって請求額を見て見るとかなり高額だった・・・

なんてことも多く、トラブルの元となってしまっています。

なかには、調査前に調査にかかる時間が決まっていて先に全額を支払う事務所や、

調査終了してから、調査にかかった時間分の全てを支払うというシステムを取り入れている事務所もありますので、支払い方法については確認した方が良いでしょう。

 

では、ここからは実際の支払い方法についてご紹介していきます。

 

現金払い


ひと昔前の探偵は、多くの場合が料金は現金でのやり取りがほとんどでした。

以前は、現在の様に契約書を交わさなくても良かったので、調査の内容によっては自分の身元を伏せて調査依頼してくることも多くあったようです。

その場合、身元が分からない依頼人であっても、探偵側もキチンと料金を支払ってもらわないと困りますので「現金一括前払い」制度を取り入れていた探偵が多かったのです。

 

現在では探偵に調査依頼する時には、法律によって契約書を交わす決まりになっていますので、依頼者側の身元もしっかりと把握することになります。

さらに、探偵に調査依頼する人も増え、今までは現金一括出来るようなお金持ちの人の依頼が多かったのですが、そういった人ばかりではなく世間一般的な収入の人も調査依頼することが増えてきました

一般の人に高額な調査料金を一括で・・・

結構酷な話ですよね・・・

そういった事が背景にあり、最近では、現金の支払いの場合でも何回かに分けて支払いをするというのが一般的になってきています。

多くの場合が、いくらかの着手金を先に支払い、調査終了後に残りの金額を支払うという、2回に分けた支払い方法を取り入れています

 

もちろん、現在でも「現金一括前払い」を取り入れている事務所もありますし、

少数ではありますが、調査が終了した後に調査にかかった費用を全額現金で払う「現金一括後払い」が出来る事務所もあります。

この、「全額後払い」は調査結果によっては、依頼者が自分の思っていた結果と違うと支払いを拒否する事もあり、あまり取り入られていません。

取り入られている事務所でも、限られた条件の調査だけの可能性がありますので確認が必要でしょう。

 

銀行振り込み払い

 

多くの事務所で取り入れているのが、自社口座に銀行で振り込みをしてもらうという支払い方法です。

銀行振り込みであれば、多額の現金を持ち歩く事もありませんし、事務所まで出向く手間がかかりませんので、お金に余裕のある方にはおススメです。

ただ、振り込みでは違う銀行の場合や、振り込む時間によっては手数料がかかってしまいます。

 

また、銀行振り込みであっても、全額一括ではなく、着手金と調査後に残りを支払うといった具合に分けて支払うことがほとんどです。

クレジットカード払い

 

すぐに手元に現金が無い場合には、クレジットカード支払いが出来る事務所であるととても便利ですね。

一回に多額のお金が無くなるのはちょっと…という方には、クレジットカード支払いでの分割払いを利用するのも一つの方法です。

 

大手の探偵事務所であると、クレジットカード支払いが出来るところが多くなっています。

全てのカード会社の取り扱いがある訳ではないですし、個人で営んでいる事務所ですと、クレジットカードの支払い自体が出来ない事もありますので、

クレジットカード支払いを希望される方は、事前に確認した方が良いでしょう。

クレジットカードでの支払いにはメリットもあります。それはポイントがたまること!

探偵に依頼すると10万以上はかかってしまいますから、ポイントもその分溜まることになります。

楽天カードなどは溜まりやすいですし、その分を他に使うこともできます。

検討してみる価値はありますよね!

また、稀ではありますが、クレジットカード支払いが出来ずに、「料金支払いは現金一括のみ」なんて事務所の場合、探偵業自体が怪しい経営をしている…なんてこともありますから注意が必要です。

クレジット対応でおススメの探偵事務所
原一探偵事務所

ローン支払い

 

まとまった金額のお金が用意出来ない場合には、ローン支払いが出来る事務所もあります。

事務所が提携しているローンや、探偵社が独自に組んでいる自社ローンというものもあります。

ローン支払いは金額を分けて支払う事が出来るので、一回一回の支払いが少なくて済むので良いのですが、ローンを組む時には事前の審査が必要になります。

審査は、ローンを組む方の、健康状態や借金の有無、仕事の状態や年齢などを考慮して行われます。

自社ローンの場合は、提携ローンよりも審査基準が甘くなっているので、主婦の方や、定職についていないアルバイトの方でもローンを組むことが出来るようになっています。

 

ですが、ローンで支払うと、金利分の金額を多く負担しなくてはならなくなります。

現在、まとまったお金は無いけれどどうしても調査して欲しい、お金がたまるまで待てない、などの理由があった場合のみ、ローンの利用を検討してみても良いでしょう。

自社ローンを行っている事務所であっても、返済する事が困難であると考えられる場合(生活保護を受けている方など)はローンを組むことが難しい場合がありますので、確認が必要です。

関連記事
探偵、興信所に依頼する際、料金を極限まで安くする準備!

 

いかがでしたか。

探偵料金支払い方法にも、いくつかの方法があります。

ご自身の生活に負担にならない選択が出来ると良いですね。

また、実際の金額を目の当たりにすると、支払うことばかりが気になってしまいそうになりますが、

ここで一つ注意が必要です。

それは、支払いは必ず「契約書を確認して契約をしてから」するということです。

契約を交わしていないのに振り込んでしまって、後から契約書を見て話が違う!!なんてことにならない為にも、

どんなに支払いを相手から急かされたとしても(支払いを急かすのはちょっと怪しいですが…)

焦らず、しっかりと確認して契約してから支払うようにしましょうね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です